ID : Pass : 新規登録
The Association of Small Business Entrepreneurs in Hokkaido
〜私たちは地域の発展と人間尊重の経営を目指す経営者集団です〜


 【随 筆】 『登山を通して人生を考える』
       〜一歩一歩の先に待つ感動〜

 


【日高山脈・剣山頂上】

(株)プラスアート 代表取締役 高木 俊一 (釧路支部会員)

 

 

 山の頂上に立って初めて目にすることのできる風景。眼下に広がる湖や山々が幾重にも限りなく連なっていきます。その景色に圧倒され、息をのみ、感動する自分がそこにいます。


 登山をしているといつも登り始めから30分後の間は体がその登りについていかず、何てキツイんだろう、歩くのを止めたらすぐに楽になれるのに、と思うのです。しかし、今その苦しさを乗り越えて登りきったら達成感と喜びが待っていると思うと不思議と体に力が湧いてきます。心地よい疲労感、汗をかいた体。風が全身をなでてゆきます。


 頂上に立った瞬間、思わず「ヤッホー!」と叫びたくなります。これがあるから山はやめられないし、今まで続いているのだと思います。


 そんな夢の世界から、山を降りて街の風景や人を見ると「あっ、現実の世界に戻ってきたんだなぁ〜」と実感します。この落差がまたいいのです。降りた後の安堵感と、また明日から頑張ろうという気持ち。山は自分にとって心と体をリセットする為にとても大切なものです。


 同友会釧路支部にマウンテンクラブが出来て今年で3年、今まで色々な山旅をしてきました。メンバーそれぞれの仕事も目指すべきところも違いますが、頂上に向かって共に汗を流した者同士の連帯感は、体験しないと実感できない得がたいものです。
 2009年もまた同友会マウンテンクラブのメンバーと山旅を通して、感動、癒し、素敵な思い出づくりが出来ますように、と思っています。


 マウンテンクラブは楽しいですよ〜!いつでもメンバー募集しています。一緒に楽しみましょう!

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。