ID : Pass : 新規登録
The Association of Small Business Entrepreneurs in Hokkaido
〜私たちは地域の発展と人間尊重の経営を目指す経営者集団です〜


 【随 筆】 『バルサと睡眠時間を削る日々』
      

 

 


 

ラ・キタ(株) 常務取締役 佐藤 博己 (釧路支部会員)

 

 


 デザイン会社「PR・オフィース La・Kita(ラ・キタ)」を立ち上げて3年目。フリーペーパー(月刊えぷろん)各社パンフレット・チラシ・ホームページなどを手掛けています。唯一の趣味だった釣りもほとんど行かなく?行けなくなり(ここ3年間はほとんど行けてない状態)仕事に追われ続け、ふっと気づけば周りには釣り好きのスポンサーと仲間でいっぱいに。改めて釣り好きの多さに驚き、忘れかけてた釣りの楽しさを再認識。

 

 そして今年、同友会入会をきっかけに十年来の釣仲間マルカワ釣餌商会店長と再び釣り同好会を作ることになってしまいました。(5年前まで会員30名BOZUの会なる釣りの会をやってたんです)今はまだ休み(年中無休状態)がほとんどとれない状態で釣りに行けない替わりに、仕掛作りに没頭。フライタイイングや海釣り仕掛け・ハンドメイドルアーなど作業部屋にこもり夜な夜なコツコツと作っています。

 

 昔は大物が釣れるといえば毎年ように長期休暇を取りマルカワ店長と、道内外はもちろん海外遠征でブリ・マグロ・シイラ・GTなどを追っていってたんですが・・・。この数年は仕掛けを作くりながら釣りのイメージを思い浮かべて満足してる次第です。

 

 そして、なぜか今、シシャモのサビキ仕掛け制作中です。(シシャモ釣りシーズンらしい)
(シシャモ釣りのファンが多いことに驚きです。防波堤は人でいっぱいらしく場所取りも大変らしい)
 

 仕掛も買った方が数倍安いのですが既製品ではなく、仕掛もすべて自分でイメージして作りたいんです。サビキ仕掛けも聞けば聞くほど奥が深い?色々調べていく内にどっぷりはまってしまいました。(基本はフライタイイングと一緒なんで、なんてこと無いんですが、ハリの号数や種類、マテリアル、ラインの太さや張り、ラインの間隔で釣果が全然違うみたいでなかなか手強いです)僕自身は防波堤や投げ釣りは素人同然なんで・・・。シシャモ釣りに行く仲間に持たせては釣果を聞いては改良してる次第です。

 

 そして今、仕事のスケジュールを削り、ルアーのバルサを削り、睡眠時間を削り釣り再開のため頑張ってる次第です。また、全然更新おぼつかないブログもご覧ください。

 

「阿寒川のほとりで」http://blog.livedoor.jp/habaero/

 

 遅くなりましたが、記念すべき同友会フィッシング倶楽部釣り大会は10月24日釧路沖五目釣り大会に決定いたしました!ホッケ・ソイ・ガヤ・アブラコ・タラ、うまくいけばオヒョウが釣れる予定です。初心者の方にも簡単な釣りですのでぜひ、参加してください。この時期の釧路沖は波が高く船酔いだけが心配ですが・・・。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。